第53回一般公開アンケート集計結果

 
実施日:2009年11月7日(土)
 
参加者数: 午前の観望会:30名,午後の観望会:110名
天文工作教室:60名,天文ミニ講座:47名, 観望会参加者:119名

  一部見集計の部分があります.近いうちに集計しますので,その部分はいましばらくお待ち下さい.

アンケート回収数:50人
 
Q0:性別
男性 女性 不明
25 14 11
 
Q0:年齢層
~10 11~20 21~30 31~40 41~50 51~60 61~ 不明
6 16 4 3 11 6 4 0
 
 
Q1:この一般公開を何で知りましたか?
1:学内ポスター 5
2:学外ポスター 7
3:新聞 0
4:インターネット 6
5:メーリングリスト 0
6:口コミ 10
7:市や町の広報 2
8:ラジオ 0
9: 前回の案内 9
14:その他 2
11:無回答 2
 
Q2:愛知教育大学との関係は?
0:教職員およびその家族 2
2:学生・院生・研究生・卒業生 7
3:一般市民 43
4:不明 0
 
 
Q3:どこにお住いですか?
市町村 午前の観望会 午後の観望会 講座 夜の観望会
1:刈谷市 10 30 10 19
2:知立市 0 1 4 14
3:豊明市 1 19 1 16
4:豊田市 1 1 2 5
5:安城市 2 0 4 10
6:岡崎市 0 14 0 6
7:三好町 0 0 0 0
8:名古屋市 1 18 12 21
9:その他 6 22 14 23
10:不明 9 5 0 3
 
Q4:今までの一般公開に参加しましたか?
1:参加した 33
2:参加してない 17
3: 不明 0
 
(はいと答えた人は)何回くらい参加しましたか?
1回〜5回 22
6回〜10回 5
11回〜15回 1
16回以上 4
無回答 12
 
 
Q5:大学までの交通手段は? 
1:公共交通機関 10
2:自家用車・バイク 40
3:自転車・徒歩 0
4:その他 0
5: 無回答 0

Q6:本日の感想をお書きください

天文ミニ講座「秋の星座の楽しみ方」

【内容】
1:とてもためになった 17
2:楽しかった 27
3:つまらなかった 2
4:不参加 0
5:無回答 4

【レベル】
1:とても難しかった 4
2:少し難しかった 10
3:適度だった 22
4:やさしかった 7
5:無回答 9

天文ミニ講座「秋の星座の楽物語」

【内容】
1:とてもためになった 14
2:楽しかった 32
3:つまらなかった 2
4:不参加 0
5:無回答 2

【レベル】
1:とても難しかった 5
2:少し難しかった 3
3:適度だった 29
4:やさしかった 10
5:無回答 3

夜の観望会「木・天・海の観望会」
1:とてもためになった 17
2:楽しかった 27
3:つまらなかった 0
4: 不参加 0
5:無回答 6



Q7:ミニ講座でやってほしいテーマや、観たい天体など、今後の一般公開でやってほしい内容があればお書きください

・天体から地球が受ける影響
・星座についての話も季節ごとにいれてもえると参加している子どもたちにとてもわかりやすくていいと思います
・小さな子どもでも楽しめる星の形(簡単な)を作るようなものがあったら楽しめるかなと思います
・子どもが小さいので,子どもと一緒に星座を楽しめるとうれしいです
・さそり座のお話
・メシエのこと
・沢先生の一か月とか1日とか1年とか,天文学を教える人の生活が知りたい。
・他の季節の神話ネタもそのうち作ります。そのうち…
・パルサー
・土星
・流星
・ハレー彗星,土星,流れ星
・流星,土星がみてみたい
・星雲,星団
・人工衛星が見たい
・冬の星座がみたい
・肉眼でよくみえる星が見たいです


Q8:その他、今日の感想やお気づきの点がございましたらお書きください

・物語は,ぼくたち(小学生10〜19才)くらいの年齢にもわかりやすくてよかった
・星座の物語お聞きしたかったのですが,下の子が5歳だったので,あきてしまってお聞きできな<て残念です。大きくなったらお聞きしたいです
・前回いろんな星座が見たいという意見通りいろんな星で説明があってよかった
・観望会の時に少し説明を加えたり,星の見つけ方とか教えて頂けるといいなと思いました。見るだけでも,すごく楽しいですけど…
・星座の物語は親しみやすくて良かったです
・物語はとてもわかりやすかった
・物語が楽しかった
・天王星,海王星を初めて見て嬉しかったです
・望遠鏡で見ると肉眼で見えない部分も見えてとてもよかった
・望遠鏡で木星を見たり,人口衛星を生で初めて見れてよかったです
・星が見たくて参加しました
・星がとてもきれいです
・寝坊してすみませんでした。以後,気を付けます
・会場がせまかったです
・足元がこわかった


質問について

質問Q:どのあたりまで足をのばせば家族で星を楽しめるのか教えて頂きたいです

答えA:まず,近くの科学館などをお勧めします.プラネタリウムでも十分星を楽しめます. 暗い空で本物の星を見たかったら,やはり少し遠出をしなければなりませんね.愛知県内 であれば,例えば豊田市の旭高原元気村(愛知県豊田市旭八幡町根山68-1)や, スターフォーレスト御園(天文台)(北設楽郡東栄町大字御園字野地91--1) があります.また,茶臼山高原,長野県になりますが,名古屋市民御岳休暇村 (長野県木曽郡王滝村3159-25)もお勧めです.

質問Q:全部で星は何コ?

答えA:町中ですと,2〜3等星くらいまでしか見えませんが, 肉眼で見ることのできる6等星より明るい星は,全天でおよそ 6,000個あります.なお,銀河系にはおよそ2000億個の星が存在します. また,およそ1千億個の星の集団である銀河は,宇宙におよそ1千億個 存在すると考えられています.したがって,宇宙に存在する 星の数は,1000億×1000億個=10000000000000000000000個(1の後に0が22個ついた 数字)の星があることになります.


トップページに戻る